Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「だるいので没にしたkyus」のメインビジュアル

だるいので没にしたkyus

120

2022年05月06日

色んな牛受けございます。地雷等はタグで確認ください。

#BL#nmmn#nmnm注意#ストップ拡散
〆(しめ)

〆(しめ)

キヨ牛(セフレ)(狐牛表現含む)


視点 牛沢


キヨは優しいと思う。

まぁ、比較的道徳心を持ち合わせているということで、セフレとはいえ体を心配してくれる。

たぶん、多分だけど、俺が体を壊したら色々不祥事が起きて、色慾の解消が出来ないから。

俺も、キヨに腰を壊したとか言われたら、自分で抜く事になってしまう。

…自分の好きな場所、どこだっけ、って探す作業が面倒だから、一定の人を見つけて自分の好きな所を分かってもらう。

それが俺のやり方で、多分キヨもそれが丁度いいんだと思う。


まぁ、…比較的気持ちいその行為をしている相手は、とても魅力的な顔をしているのにも関わず、俺は…アイツを、towacoを思い出してるなんて、言えねえ。


アイツに、アイツに、無理矢理…とか、考えて、愛の言葉とか囁かれて、好きな場所掘られて、…で。


最終的には腰痛めてたら心配してくれて。

ごめんなさいね、とか言いつつ、自分の欲望に溺れて、俺を無意識のうちに溺れさせてて。

考えただけで体が熱くなる。あいつに、そんなことされたら…俺は。


「うっしー、腰だいじょぶそ?」

「おん。全然ヘーキ。」

「今日、予定ないならやってよさそう?」

「んー…昼からはさすがに無理。」

「お、どっか行くの?」

「……フられに行ってくる、くらいかな」

今日、俺はtowacoに告白めいたことをしようと思ってる。

たぶん、言えないと思うけど。臆病だけど。不安だけど。少しだけ、期待してたりして。

「あー…そ。」

「夜、慰めろよ」

「どーしよっかなぁw」

「はいはい。用ないなら帰れ」

「あ…夜からだとちょっとあれだから、鍵もらっててい?」

「おけ…んじゃ」

キヨに合鍵を渡して、扉から出る。

ふぅ…よし。

とわぽん、絶対引くのに、これからも続けましょう。この得のある関係を。とか言うんだろうな。知ってる。


【もう着きます】


【着きました】


なんで俺達、連絡する時は敬語なんだ。

いや、まぁいいけどさ。

なんか、うん。やっぱ楽しい。

よし、この公園であってる、…はず。

…いたわ。爽やか過ぎて眩しいんだよオマエ。

はぁ…すき。そういう所好きだよぉ…?

あーぁ。こいつこういう事考えてるって気付いてねえわ。ゴミ。ゴミ以下だわ。塵。

とわぽんが塵…かぁ、悪くないかもな。


塵と、塵以下の俺で、段々どん底に落ちていく衝撃サスペンスドラマ的な?


あ、殺すとかに無縁な所にいるわ。俺。

いや知らないけど。多分恨まれては無いだろ。


「牛くん、なんや寂しそうやないですか」

「うわぁ!?」

「ん、おはようございます。towacoですよ」

「びっくりしたぁ……」

「あれ、最近ホラゲやってたのにこんなんでびびるんですか、牛くんは。」

「うるっせぇな、唐突に声したら誰だってびびるだろ。」

「ま、そやな。んじゃ、僕ん家来ます?」

「おう」


行く途中、スマホから音がする。

たぶん、キヨからだと思うけど。

「牛くん、連絡来てますよ」

「あ、うん。見ていい?」

「どうぞ。」


【なぁ、昼ごはんってラーメン食べていい?】

というキヨからの連絡に、俺は迷わず

【いいよ】と返信して、画面を閉じる。

その瞬間に、

【お前、ストック多すぎだろw】と言われていたのは間違いないと思う。


「キヨ、今牛くんの家にいるんですか?」

「そ、そうだけど…?」

「へぇ…」


没、なし。

次の話

kyus

ノベル

4

kyus

2022年05月08日

402

〆(しめ)

〆(しめ)

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話

第3話

GONZOxTellerNovel