Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル

意識の乱高下に振り回され続けている

19

2022年08月05日

書く中で思いついたこと、性癖、日常話の数々
千里の道も一歩から。コツコツ書き慣れていくためのページ

#メモネタ#毎日日記#日記#おしらせ
暦原 葬子

暦原 葬子


電車に乗らなくて良かった、線路を誰迷惑も構わずに飛んでしまいたいぐらい死について考え歩き続けたから。


蝉の鳴き声も在り来りで安直で陳腐な言葉で、私の死を願うように合唱コンクールなら優勝する鳴き声で合唱していた。


合唱の邪魔と知りつつ道を歩く。

比較的に暑くもないに冷汗をかき、一駅歩く。

電車はたくさんの瞳に囲まれて怖い。


着いた先の隣の駅ですら、もちろん当たり前のことだが、

どこかしこも瞳、瞳。無視する瞳、一瞬見合って何処ぞを見る瞳。


足早に逃げる中にも瞳。

あの光線の威力はクラスという世界の中で味わった。


帰宅し疲弊した自分を野菜生活で労う。

瞳はいないが私の瞳が悪さをする。


裸眼から幾度も眼鏡を変えても焦点が合わず文字が認識できない。

やったゲームも、やり取りしたスマホも、確認するメールも。


人前と疲労でよく世界が揺らぐ現象だ。

休んでまた外出してまた揺らぐ。


私の正気が「このままではいけないよ」と私を揺すって風呂場へ連行するもずっと聴こえる蝉の合唱。


今、この場でおきている。意識さえ誰かに持っていかれそうになる。



暦原 葬子

暦原 葬子

プロフィール

前後に投稿された作品

とある怖いお話はとある面白いお話

チャット小説を探す

  • ホラー
  • ミステリー
  • 青春恋愛
  • ドラマ
  • ファンタジー
  • 大人ロマンス
Teller Novel

ホラーから恋愛まで!
日本最大級のチャット小説サイト
Teller Novel [ テラーノベル ]

スマホアプリでサクサク快適!

Apple StoreGoogle Play Store

© Teller Novel Inc.