Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル

先輩

200

2022年08月05日

#一次創作#青春恋愛#恋愛#TL#創作#オリジナル
Sky

Sky

「せんぱーい!」


朝、校門の前にいる三宅(みやけ)先輩に抱きつく。


私は藤田綾(ふじたあや)。高校1年生。私が抱きついているのが三宅先輩。三宅祐也(ゆうや)。3年生。


私は、三宅先輩が大大大好きなのだ。


「先輩っ!愛してますっ!」


「うん、ありがとう笑」


「じゃあ、付き合って…」


「ごめんね。」


ガーン


まぁ、毎日こんな感じなんだよね。


「あ、藤田さんだー」


えっと、たしかこの人は佐々木先輩。


「どうしたんですか?佐々木先輩。」


「お!やっと名前覚えてくれたぁ、やっとだよ、」


1人で悲しんでいる佐々木先輩。ちなみに下の名前は分からない。


「っこら!綾!すみません!また迷惑かけて、」


この子は、私の親友の泉凛(いずみりん)。とっても可愛いの。


「あ!泉さんじゃん!いやー、偉いねっ!」


「ひゃう?!い、いえ、///」


ちなみに、凛は佐々木先輩が好きらしい。


「それより先輩っ!今日の練習の事なんですけど、」


「ん?あぁ、いいじゃん。てんきゅー。本当に藤田凄いな、経験者は違うなー」


「いえ!このくらいは!」


佐々木先輩、三宅先輩はどちらもバレー部で、私と凛はマネージャーって感じ!


凛は経験ないんだけど、私は中学までバレーやってたんだ!


ここで活躍できるんなら過去の私に褒め称える。


「あ、そろそろ行くね。じゃ。」


「ばいばーい!」手を振りながら校舎に向かっていく先輩方。




「はぁぁぁぁ!ヤバいっ!先輩神っ!」


「それな、佐々木先輩カッコよすぎ、」


「私達も教室行こー!」


そうして私達も校舎へ向かっていく。

コメント

1

Sky

Sky

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話

チャット小説を探す

  • ホラー
  • ミステリー
  • 青春恋愛
  • ドラマ
  • ファンタジー
  • 大人ロマンス
Teller Novel

ホラーから恋愛まで!
日本最大級のチャット小説サイト
Teller Novel [ テラーノベル ]

スマホアプリでサクサク快適!

Apple StoreGoogle Play Store

© Teller Novel Inc.