ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「評価ばっかり」のメインビジュアル

評価ばっかり

510

2022年09月27日

#一次創作#二次創作#ミステリー#コメディ#青春恋愛#花言葉
アクヤ@お菓子様愛好家

アクヤ@お菓子様愛好家










『あ、いいね沢山ついてる…!』

部活が終わり17:30に帰宅し、

荷物を置いてスマホを見る。

Twitter,Instagram,YouTube,Yahoo! ,

あらゆるアプリにたくさんの通知が

入っている中で、僕はいつも1番に

確認するものがある。

teller。

スマホ用アカウントが二つ、

パソコン用アカウントが一つ、

着実にフォロワーを増やしながら、

毎日ひたすら物語を書いた。

…けれど、

『あ…コメントは来てない…。』

まあそれもそうかもしれない。

途中から見てくれた人はきっと、

コメントがしにくいのかもしれない。

でも少し、悲しい気がする。

深夜3時まで頑張って書いた

物語を、毎日一話か二話投稿する。

つくのはハートだけ。

延々とコメントのこない物語を

読んでいる自分に、

段々腹が立ってきた。









『あ、600人になった!』

お風呂あがりに少しゴロゴロしていた夜、

___さんがフォローしました。

その通知が来た瞬間、僕は喜んだ。

600人記念の軽い雑談、

推し様にもコメントされて歓喜した。

…けれど。

次の日見てみると、

『599人に…なってる…?』

涙でじんわり視界が歪む。

目の前の真実が受け止められない。

昨日、寝る前までは600人だった。

間違いなく、スクショもした。








最近、評価に縛られている。

tellerでいいねを、コメントを、

フォロワーを、メダルを。

全ての評価がないと、

"努力してない"って言われるから。

僕は、楽しく物語を書いている

つもりだった。

…でも今は違う。

評価が全て、誰かに求められるのが全て。

そんな言葉に、縛られていた。

いや、それが正しかったんだ。

将来の夢は趣味の場所じゃない。

誰かに期待されなきゃいけない、

そんな物語を作らなきゃいけない。

じゃないと、僕の努力は認められない。

書かなきゃ、書き続けなきゃ。

僕は、僕は、皆に評価をもらわなきゃ。

努力を、もっと努力を…







努力…を。








努力…。








あれ、








僕って、何の為に

物語を書いてるんだろう…?

誰に認められたいの…?

誰に認められたら…努力なんだろう…?








「よくあんな物語書けるよね!

凄いなぁ私書けないよ!」








__…どれだけ努力してきたと思ってるの。








「いつも何でそんなに頑張るの?」








__ネットは評価が全てだから。








「できたら見せてね!」








__駄作しかできないから…やだ。








「そんな努力しなくても大丈夫だろw」








何も知らないのに…努力を語らないで。

なら、お前が努力してみろ。

今まで僕は、沢山物語を書いて、

沢山の駄作を作っては、

全て捨てていた。

努力の証はもうない。

…また、努力しないと。








もっと、頑張らなきゃ…。

皆に…見捨てられちゃう…

置いてかれちゃう…

見放され…ちゃう…。











もっと…もっと…

誰かに期待される物語を、

作り続けなきゃ…。

次の話

親友ってレッテルはいつ剥がれますか?

ノベル

19

親友ってレッテルはいつ剥がれますか?

2022年10月12日

30

コメント

6

見放さないよ
フィクション…なのかな? だったらごめんね。 俺、アクヤが作る話大好きだよ。 世界観が壮大っていうか、俺には考えつかないような話で。 たまに入るおふざけのところも大好きで。 だからこそ謝りたいんだけど、 コメントばっかでハート押さなくてごめん。 コメントしない時も、遅くなってでも投稿は見てるよ。
nか月前の作品から見返すほど好きです。大好きです。世界観が上手く人間の狂気を表しているところとか。 世界観だけじゃなく、 この回はアクヤさんの心情かも知れないが、単に愚痴で済ますのではなくそれをしっかり私たちの心に届くように一生懸命小説にしてくれた、そこにアクヤさんの強い意志があるのだと思います、私は。 多少評価に縛られてもいい、ただ、数字には絶対に縛られないでください。 いつまでも応援してます。
アクヤ@お菓子様愛好家

アクヤ@お菓子様愛好家

プロフィール