ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「虎杖参戦!」のメインビジュアル

虎杖参戦!

56

2022年10月02日

#呪術廻戦#ハイキュー#夢小説
天ぷらの小童

天ぷらの小童

こんにちはー〜

夢主の口調なかなか決まらなくて困る

まぁいいよね

今回は最初に雑談します大丈夫です短いです

フォローしてもらうたびに思うんですけど

フォローしてもらった理由が

今投稿してる奴が面白かったからか

今そんなに投稿してないのが面白かったか

全垢フォローしてるからか

だと思ってて

2個目だと申し訳ないなと思うわけですよ

そんだけです

では本編どーぞ(^ ^)


部活終わったぜい

なんか最後まで雰囲気がなんかやばかったんだけど

なぜ?

きっと私のせいですねわかるよ

まぁそんなことは置いといて

今から呪霊祓いに行きます

あと宿儺の指回収

呪霊祓いながら指を探そーー

高埜「けつー」

いや〜雑魚しかいないね

ほとんどが3級

たまに2級がいるくらい

ん〜宿儺の指の場所がわからん

教えてくれよ

五条

そんくらいできるだろ

最強なんだろ?

あ〜なんか萎えた

帰ろ



チュンチュン(・8・)

高埜「ん〜」

なんか電話来てるんだけどキモ

いやキモくはないか

かけ直します!

高埜「もしもしー」

五条「あ〜出た!」

高埜「ごめん出れなくて」

五条「寝てた?」

高埜「そうそう」

高埜「でーなんでかけてきたの?」

五条「いやー」

五条「虎杖を冰の任務に同行させたくて」

高埜「同行?いいけどバレー部に入ってもらうけど」

高埜「虎杖って死んでることになってるんでしょ」

高埜「京都校の人達は高校に任務に行ってる」

高埜「バレー部で出会う可能性があるよ」

五条「そうだね」

高埜「今度合宿があるみたい」

高埜「参加校は音駒、梟谷、生川、森然と烏野」

五条「音駒と梟谷に任務に行ってもらってるねー」

高埜「バレたら殺されかねない」

高埜「ダメでしょ」

五条「だったら変装でもさせたら」

高埜「同じ風呂に入るかもね」

五条「ダメじゃん」

高埜「私にいい考えがあるよ」

五条「なにそれ!」

高埜「名前を変えちゃえばいい」

五条「!気づかなかった」

高埜「京都校の人は名前は知ってても顔は知らない」

高埜「どう?いい考えでしょ」

五条「そうだね」

五条「名前はどうする」

高埜「名字はコジョウなんてどう?」

五条「なんで?」

高埜「虎杖は植物でしょ虎杖の別名はコジョウだから」

高埜「漢字は知らないからテキトーに」

高埜「虎に城で虎城なんてどう」

五条「いいね」

五条「名前はどうする」

高埜「虎杖が決めればいいよ」

高埜「てゆうか悠仁でいいと思うけど」

五条「だね」

五条「OKそれで行こう」

五条「虎城悠仁いいね」

高埜「虎杖に伝えといてよ」

五条「うん」

高埜「じゃあ切るね」

あ〜いつから来るか聞いてなかったまいっか

学校行かなきゃー

遅れちゃーう




投稿遅れてすみません

虎杖の名前を変えてしまい申し訳ございません

虎杖推しの方すみません

ではまた

天ぷらの小童

天ぷらの小童

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話