TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
シェアするシェアする
報告する



画像 閲覧数見てほしい、、。

え、めっちゃ嬉しいんですが⁉⁉⁉⁉😭😭

全部閲覧数100超えなの、‼‼😭うれてぃー♡((

書きます!!

では!


効果音最小限です!💦



いきなり性行為です!!!!!!!






















赫「ッ…挿れるよ…?」


靑「ッ…」

)頷


赫「,もうガバガバなんだけど…、ねぇ、?俺とヤる前誰かとヤッた…?」


靑「ぇ…ッと…ひとりでッ…//後ろ弄んないとイけなくてッ…///」


赫「…wなにそれ、かわい♡」

ゴチュッ!!!♡♡


靑「あ”?!きゅッ…にッ♡…ぉぐッッ♡」

)痙攣/弱


赫「沢山逝こ-ね,?♡」

)愉


靑「ぁ”ッう”ッ,♡あかくん”ッッ♡♡」


赫「なぁに-?♡」


靑「すッ…きッ,ッ!♡だいすきッ♡♡」


赫「…靑ちゃん…堕ちた…?」


靑「しらなッぃッ♡♡おぐッッ、…く゛るしッ♡♡♡」


赫「…靑ちゃん堕ちちゃったの…?…“つまんない”なぁ…もっと躾したいんだけどッ?/」


靑「あ”!?♡まだッ…お”くッ”はいってッ、!♡♡」


赫「ぁ、逝っちゃった♡か-わい♡」









赫「…靑ちゃん、帰れる?」


靑「なんとかッ…」


赫「靑ちゃんが沢山煽るから…」


靑「煽って無いです…!勝手に大きくなって……...ッッ~~~~///」


赫「思い出して恥ずかしくなっちゃった?処女なの?w」


靑「僕は男ですッ!//」


赫「俺にとっては女の子~」


靑「~~ッ!!もう帰りますッッ!!さようならッ!」


赫「は-い、じゃぁね~」

)手/振


赫「…俺も帰ろ…」









うん、なんか、需要なさそうだね。

うん、これボツだ、ごめん、w

躾がいがある,2番目ホスト_♡

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

1,006

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚