ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「第12話  想い (こののこside)」のメインビジュアル

第12話 想い (こののこside)

40

2022年10月06日

蝉時雨。様との合作です。
交互に書いていきます!
語彙力が足りていないですがそれでも必死に頑張って行きますので、
どうぞよろしくお願い致します。

#ドズル社#🍆🍌#雨の降るお話。
こののこ🌟

こののこ🌟

私情により遅くなってしまい本当に申し訳ないです。

注意事項は前回同様です。



🍌side


🍆「ごめん、俺から、1個話したいことがあって」


静かな病室に優しく響く声。

いつもはサングラスでわからない視線。

今だけは自分に向けられているとはっきりわかる。


🍌「……なん、ですか」


話したいこと……。

聞き返すのも怖くて声が強ばる。

彼がいう「話したいこと」に心当たりがありすぎて分からない。


🍆「俺、おんりーチャンのこと傷つけたよね。」

🍌「……、!」


頭に浮かんでいたどの心当たりとも違うもの。

驚きで顔をあげると、すぐに目が合って。


……何故か逸らす気にはならなかった。



🍆「……ごめん。」

🍌「…、なんでぼんさんがあやまるんですか、」


ぼんさんが悪いわけじゃない。

恋に溺れて、勝手に傷ついて、挙句の果てには倒れて。

迷惑をかけたのは自分の方だ。


🍆「俺、昔から人の気持ち読み取るのが苦手でさ、」

🍌「…そうなんですか」


初めて知ったけど、貴方らしいかもしれない。


🍆「いつも自分だけで精一杯で、よく周りからも注意されてた。」

🍌「……」

🍆「今回だって、おんりーチャンの気持ちも読み取れてなかったし、おらふくんだって…」

🍌「……!」


おらふくんとぼんさんの間に何かあったのかな。

自分が知らないやり取りが、いつの間にか。


🍆「おらふくん、雨の中すごい勢いで走っておんりーチャンの家行ってて」

🍌「!……あの時服濡れてたのは……そういうこと、か」

🍆「……あー、やっぱり濡れていったんだ。」


途切れ途切れだった出来事が、自分の中で繋がっていく。

おらふくんの真剣で必死な表情が、脳に蘇る。


🍆「ゆっくりでいいから聞いてね。」

🍌「……?はい」


見つめ直された、感じがする。

普段とは違う真剣な表情に、小さく息を飲む。


🍆「今日やっと気づいたんだけど、俺、自分の気持ちすら見て見ぬふりしてた。」

🍌「……?」

🍆「おんりーチャンが倒れたってドズさんから聞いて、ほんとに目の前が真っ暗になった感じがしてさ、」

🍌「……、」

🍆「気づけたのは今だけど……。ずっと前から───」


僅かな沈黙。

彼が一瞬俯いた後、顔をあげる。

もう一度目が合って、鼓動が早まる。

そっと開いた口から言葉が紡がれた。





『……俺、おんりーチャンのことが好き。』

こののこ🌟

こののこ🌟

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話

第1話