TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで

千切

お前さ、普段何してんだよ

天魔

んー?仕事〜

千切

んなわけねぇだろ

天魔

んな訳あるんだよな〜

千切

チッ…

千切

もういいわ、めんどくせえ

天魔

ふ〜ん…

天魔

(興味ねぇし

千切

タッタッタッタッ

天魔

はぁ、そんなに疑うなら

天魔

スケジュール紹介しますか…

朝(深夜)

天魔

朝飯…

天魔

ふわぁ…(あくび)

天魔

トントン

天魔

ジュージュー

天魔

ジャー

天魔

コトコト

天魔

コトッ

天魔

短く見えるかもだけど…

天魔

これだけで1時間近くやってるんだよね

天魔

なぜなら一人でやっているから

朝(5時30分)

天魔

絵心さ〜ん

天魔

起きてます〜?

アンリ

あ、天魔ちゃん

天魔

お、アンリさんじゃないっすか

天魔

絵心さん起きてます?

アンリ

まだ寝てるんだ〜…

アンリ

ごめんね

天魔

いや〜、大丈夫っすよ〜

アンリ

仕事の内容かな?

天魔

あ、はい、そうです

アンリ

今日はね〜、

アンリ

〜〜〜〜〜〜。

アンリ

〜〜〜〜〜〜、〜〜

アンリ

〜〜。〜〜〜〜〜、〜

アンリ

〜〜〜〜。

アンリ

〜〜〜〜、〜〜

アンリ

こんな感じかな

天魔

お、多い…

アンリ

ごめんね!

天魔

まぁ、いつも通りか…

天魔

大丈夫っすよ〜

天魔

じゃ、戻りますね

アンリ

はい!

ウィィン

朝(5時50分)

天魔

チームV…

次の仕事は…

天魔

凪を起こす……

玲王

お、来た来た

天魔

で、凪は?

玲王

ここだ

玲王

俺の隣

スースー

天魔

ま、まじか…

玲王

おい凪〜!

ん〜、

スースー

玲王

な?

天魔

……はぁ、

天魔

凪〜、起きて〜

…天魔?

天魔

うん、夜那月天魔だよ〜

………

起きる

天魔

これ、公式の仕事になってて怖いんだけど…

玲王

まぁ、大丈夫だろ

天魔

アウトです

朝(6時)

天魔

絵心さ〜ん!

絵心

なんだ

天魔

飯持ってきた

絵心

そこ置いといて

天魔

うぃーっす

天魔

コトッ

天魔

じゃ、さいなら

朝(6時10分)

天魔

朝練分のスポドリ作り

天魔

粉〜…

天魔

水〜…

天魔

ジャー

天魔

サラサラ

天魔

これで、

天魔

振る!

天魔

シャカシャカ✕20くらい

天魔

ふぅ、

天魔

これを指定の位置にレッツゴー…

背景許して下さい

朝(6時40分)

天魔

配置はチームごとに置いてます

ちなみに、私はチームZの分をちょっと少なく置いてるよ

天魔

1.2本だけど

天魔

で、その1.2本は私が貰う

天魔

効率が良くて助かる…

朝(7時)

陽舞

よし、練習しますか…

私はみんなと時間帯が被りたくないから

みんなと違って朝飯は遅く、

朝練を早めに済ませてます

陽舞

まぁ、朝はシュート練だけ

陽舞

これだけど体力の消費量がかなり多い

陽舞

この後の朝飯は最高

玲王

〜〜〜でよ!

へー、〜〜〜〜でしょ?

玲王

そう!

玲王

あ、陽舞!

陽舞

やっほー

ご飯は〜?

陽舞

朝練の後

陽舞

そっちの方が美味いしね

陽舞

(苦しいけど…

時間被りたくもないもんね

陽舞

…うん

玲王

まぁ、その時間帯は俺等も居るしな…

玲王

なんかあったら言えよ!

陽舞

ん、分かった

じゃあ、戻るね

陽舞

じゃ〜ね〜

凪達が行き…

陽舞

ほっ(シュート)

陽舞

あ、今のいいかも…

陽舞

グゥゥゥゥ

陽舞

あ…

陽舞

スーッ…

陽舞

飯食うか…

朝(7時40分)

天魔

やっと朝飯…

いつも通りの時間帯で朝ご飯を食べることができました!

乙夜

お、天魔

天魔

あ、乙夜さん

俺もいるで

天魔

どもども

今朝飯て…

俺でももっと早く食べるで

天魔

…私はマネージャーなんてすよ

あ、そーやった…

乙夜

あれだろ?

乙夜

時間帯被りたくないとかだろ?

天魔

そうで〜す

天魔

被ったらめんどくさいんでね

乙夜

えー、俺もこの時間帯にしよっかな〜

天魔

やめてください?ニコッ

乙夜

でもな〜…

天魔

はい?ニコニコ

乙夜

…やめときます

天魔

それでいいです

起きんの遅なったらこの時間帯に来るわ

それならしゃーないやろ

天魔

問答無用で

…はい

天魔

じゃ、私皿洗いしてくるんで

乙夜

おう

天魔

さよなら〜

朝だけでこんなにも仕事があるんです…

まぁ、こっから先はまだ楽ですけど

女の子でもブルーロック行けました

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

23

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚