Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「お盆スペシャル」のメインビジュアル

お盆スペシャル

32

2022年08月13日

#TL#一次創作#恋愛#青春恋愛#感動#短編
Sky

Sky

今日はお盆。


ということで、蒼の墓参りに来ています。



あれから数ヶ月。

俺の人生は大きく変わった。


友達が沢山増えて…

親友も出来て…



…でも、君が居ないことには、変わりはない。


「あら?」


後ろから声が聞こえて、パッと振り返る。


「どなたかしら?」


「あ、蒼さんとお付き合いさせてもらってた、凛と申します!」


多分、蒼のお母さんだ。

1回見せてもらったことがあるから。


「あらまぁ!そうだったの!せっかくありがとうねぇ」


「きみが凛くんか。」


お父さんと思われる方もいる。


「このあと予定あるかしら?」


予定?


「特に、」


「じゃあ、家に寄らない?」


え、家、?




「あっ、ありがとうございます」

氷の入った麦茶が差し出される。


「ここの町の方かしら?」


「いえ、スカイ市と言うところから、」


「まぁ!そんな遠くから!わざわざありがとねぇ」


俺が話す度ニコニコと笑ってくれているお母さん。


…と、その横で小難しそうな顔をしているお父さん


「蒼のことは、どう思ってるんだ、?」


「とても、心が綺麗で、繊細で、時には、ヒーローのような心を持って、人のことを思いやれる子だと思っています。」


そういうと、お父さんは涙を流し出した。


「えっ、?!」


「すまないなぁ、実は、運転してて、信号無視をした車に跳ねられたんだ、俺とお母さんは無傷だったんだが、蒼は、」


隣でお母さんも涙を流している。


「きっと、蒼がそういう選択をしたんだと思いますよ。それだけ、愛情をたくさん与えてたんじゃないですか?」


うぅ、と泣いている蒼の両親。


「あと、これ。蒼がずっと大事にしていたネックレス。」


これは、1年記念の時にあげたやつ、


「いいんですか、?」


「ええ、大事にしなさい。」


俺はネックレスをギュッと握る。



蒼、君は、誰からも愛されていたんだね、



大好きだよ、

コメント

1

Sky

Sky

プロフィール

前後に投稿された作品

早く大人になりたいな【黒赤】

GONZOxTellerNovel