Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「「溶けた過去」」のメインビジュアル

「溶けた過去」

24

2022年08月16日

「blood(ブロート)」のいる世界での加四六(かしむ)、風磨(ふうま)、小我太(おがた)、3人の主人公の話。

#ちょいぐろ#BL#R18#オリジナルキャラクター
ろくがつ

ろくがつ

flower cafe。 風磨。

「、、、、」、、小我太が隣に居ない、、「、、寂しい、、」腹減ったな、、何か食うか、、「、、、、」これから、、どうしよう、、

ーーーーーーー

組織地下牢。 加内。

「、、、、」え、、「、、あ、、あなた、、この前のカフェの、、」そう俺は鉄格子を挟んだ前にいた男性に声を掛けた。「な、何で、、小我太さんでしたっけ、、??」すると小我太さんは立ち上がりおるに目を合わせた。「何だって、、俺がbloodの王様の大速力だから」「、、!?」え、、「、、王様が、、意図も簡単に捕まったな」「お前それしか言わねぇな」小我太さんは歌星さんにそう言った。2人は知り合いなのか、、??「、、加四六、、お前本当にダサい、、まんまと梵の記憶操作に操られやがって」小我太さんは鉄格子を叩いた。「、、??」、、何のことだ、、記憶操作、、??「、、本当に全部忘れたの、、俺のことも、、風磨も、、優や種技も、、千秋も、、かなさんも、、」「、、かなさん、、」「、、、、」「、、かなさんは僕ですけど、、」「、、、、」俺がそう答えると小我太さんは俺に背中を向けた。「、、??小我太さん??」「ハハ、、冗談冗談〜全部忘れて」そう小我太さんはニッコリ笑った。「、、、、」、、かなさんって、、その時だった。「うらぁぁぁぁ!!!!」「、、!?え」ピエロが、、牢屋から出て、、!!

ーーーーーーー

組織廊下。 墻音。

ブーブー!!!ブーブ!!「、、??」警報??『地下牢事故発生、地下牢事故発生』「、、??え」俺は急いで地下牢に行った。

ーーーーーーー

地下牢。

「、、!?加内さん!!」頭から血が出て、、!!「、、!?歌星!!何があった!!」「、、ピエロが脱走した、、地下の奥に行ったぞ」「わかりました、ありがとうございます」すると「墻音!!何があった!!」「狂唖さん」「、、!?加内!?」「、、狂唖さん加内幹部頼みます」「え、ちょっと」

ーーーーーーー

何処だ、、!!何処に居る、、「、、あ、、狂唖ぁ、、」「、、!!」居た、、!!すると「あ、、ラァァ!!」「、、!?」は、、??「、、っ、、!?ガハッ!!!!」痛っ、、!!何だコイツ、、「ああああ!!狂唖!!狂唖!!」見違えるほど強くなってる、、!?初めて会った時は素手でも勝てそうだったのに、、!!「、、っ、!!エホッ!!プハッ!!」、、また血が、、「オマエ、いつも狂唖の隣に居て邪魔、、シネシネシネシネ、、!!」「、、っ、、あの人の側に居たいならまずその贅肉落とせクソ野郎」「、、っ、、お前ぇぇ!!」ブチャア!!!!!!「、、!?狂唖さん??」「、、っ、、吹っ飛んだ、、」「、、、、」ピエロの頭が吹っ飛び、目の前には首から下までが残されていた。「、、凄いですね、、狂唖さん」「、、墻音、、お前まだこの間ので怪我沢山してるじゃん、、無理しないでよ」「、、すみません、、加内幹部は、、??」「さっき来た鮎民に任せた」「、、そうですか、、」「立てる??」「、、ハイ、、」

ーーーーーーー

主幹室。 狂唖。

「はぁ??月城がピエロにやられた??」「、、うん、、傷のせいもあるかもしれないけど、、ちょっと考えられない」俺は翠にそう言った。「、、隔離されてる牢屋の中でbloodが凶暴化することはあるのか??」「んー、どうだろ、、精神的に気があれることはあるけど、、だからって強くなれるわけじゃ、、」「、、ピエロは、、今どうなってる」「、、生きてる」「、、え」「頭を吹き飛ばしたはずなのに、、頭は死んでる、、体だけ、、生きてる、、」俺は翠にそう答えた。「、、そうか、、取り敢えずピエロには牢屋の強化、拘束しよう、、」「、、そうだね」bloodが隔離された牢屋で強くなれるのかな、、「、、どうなってんだろ、、」

次の話

「2月」

ノベル

126

「2月」

2022年08月17日

1

ろくがつ

ろくがつ

プロフィール

前後に投稿された作品

嘘でしょ!?

GONZOxTellerNovel