Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「第4話   終わり」のメインビジュアル

第4話 終わり

142

2022年04月27日

#蘭春#ヤンデレ??#下手
寿司信者🍬

寿司信者🍬



前の物語が納得がいかない物語になっていたので、次はBADENDのようで(蘭と春千代は多分)HappyENDな物語を書きます。

途中までは同じです。

それでは、ご覧下さい。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




春千代が蘭に堕ちてから3ヶ月がたった。



ガチャ




蘭『春千代~♪』



春千代『!』


春千代『なあに?蘭♡』


春千代(蘭が来てくれた♡嬉しい♡)


蘭『春千代はさ~』


蘭『俺から離れていかないよね?』


春千代『なんでそんなこというの?』


春千代『俺は蘭から離れないよ?』


春千代『……蘭も俺の傍から離れないでね?』


蘭『♡』


蘭『勿論♡』


蘭『愛してるよ♡』


蘭『春千代♡』


春千代『俺も♡』





蘭『あ、そうだ』


春千代『なぁに?』


蘭『俺今から梵天のとこ行かなきゃ』


春千代『?!』


春千代『なんで?!俺から離れるの?!』


蘭『違うよ♡』


蘭『ただの仕事♡』


蘭(…………最近は春千代が攫われた事については言う奴はいない…皆何も言わなくなったし、俺達の邪魔をする奴はいなくなった……………か?)



蘭(春千代は俺の物だ……絶対に……絶対に奪わせない……)


蘭『じゃあ♡』


蘭『仕事に行ってくるね♡』


春千代『行ってらっしゃい………』


蘭(落ち込んじゃって~♡かぁわい♡)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ガチャ


蘭『すみません。遅れました。』


マイキー『……………いや、大丈夫だ』


蘭『ただいま仕事に戻らせて頂きます。』


マイキー『……おい、蘭』


蘭『どうしました?ボス』


マイキー『春千代のことについてなんだが……』


蘭『!』


蘭『何か情報が?!』


マイキー『いや………今の所はなんの情報も掴めていない……』


蘭『……………そうですか』


マイキー『蘭』


蘭『………………?』


マイキー『お前、春千代についての情報を消しているだろ』


蘭『……………』


蘭『は?』


蘭『何でですか?!』


蘭『どうして…………』


蘭『俺は…!!三途が……大切…何ですよ?』


蘭『そんな三途を攫って傷つけるような真似は!』


蘭は演技が上手だった。人の事を騙すことも出来るし信じ込ませることも出来る。だが、蘭を見抜ける人は2人がいた。それは………



マイキー『蘭の最近の行動は"変"だと九井と竜胆がそう言っていたんだ。』


蘭『は?』


蘭『九井はともかく………』


蘭『………竜胆まで??』


蘭と竜胆は小さな頃からずっと一緒にいたのだ。だから、いつもの蘭との違いを見抜くことが出来たのだ。


マイキー『1回お前の家を見てみてもいいか?』


蘭『ッッ!!』


蘭『わ…………かり…ました』



ここで"いや"と言うとやましい事がある、と分かってしまうので蘭は"はい"と言うしかなかった。




蘭(なん………で?なんで……なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで)


蘭『どうして………』


蘭(きっと春千代を監禁している事が分かれば俺は殺されるだろう。)


蘭(春千代に………本当に……最後だから……)


蘭『春千代に……会いてぇなwポロポロ』



蘭は死ぬ事が嫌な訳ではなかった。ただ、ただ春千代に会えなくなることが嫌だった。



蘭『やり方が違ったらこんな事にはならなかったのかな……ポロ』


蘭『愛してるよ……春千代……ポロポロ』




ーーーーーーーーーーーーーーーーー



蘭『春千代……………』


春千代『!』


春千代『蘭♡』


春千代『………元気無い………どうしたの?』


蘭(覚悟を決めろ………お別れになるんだ…最後ぐらいは笑顔で!)


蘭『…………春千代はさ!』


蘭『春千代は……元気に……生きろよ!』


蘭『春千代……"愛してる"』


蘭『ニコッ』


春千代『?』


春千代『な、何言って………』




ガチャ



九井『三途!!』


春千代『ここの………い』


鶴蝶『三途?』


鶴蝶『心配したぞ!』


春千代『う…………』


春千代『ら、らん…………』


春千代『…こ、こっちに来ないで………』


竜胆『兄貴!なんでこんなこと……』


蘭『…………好きだったから』


蘭『竜胆も知ってたでしょ?』


蘭『ずっと………ずっと春千代のことを俺が好きだったことぐらい…』


蘭『春千代………俺はもう死んじゃうけど…』


蘭『みんなt』


春千代『やだ!!蘭と………蘭と一緒に生きていたいの!!』


春千代『蘭は俺を離さないって………そう言ってくれたじゃん!!』


春千代『約束…………破るの?』


蘭『…………』


蘭『分かってたんだ……絶対にやってはいけない…やり方な事くらい』


春千代『ッッ!』


春千代『そんな事ない!俺は蘭と一緒に入れて幸せだった!』


春千代『人間の中にも俺を愛してくれる………こんな人間がいるんだって……』


春千代『俺………蘭さえいれば何もいらないからさ……いな…く……ならないでよポロポロ』


蘭『ッッ!』


蘭『………………』


蘭『……………………♡』



『"蘭さえいれば何も要らない"』その言葉を聞くと蘭は常識なんてものは記憶から無くなり、ただ二人でいたい……ただ、ただそれを願った。そして………


蘭(俺は間違ってなんてなかっ……た…………?

そっか………そっか!……俺は間違えてなんてなかった!

最初から春千代さえいれば何も要らない……そう思っていたはずなのに何を思っていたんだろう!)


蘭『じゃあ!他の物なんて要らないよね♡』


春千代『………………………ぇ?』


蘭は梵天の皆に銃を向けていた……


春千代『……………………や、やめ!』


バンッ!バンッ!バンッ!



春千代が"やめて!"という時には既に蘭は発砲していていきなりの事で皆は動けず皆は…………"死んでしまった"





春千代『ぁ……………………みん…な…?』


蘭『………………♡』


蘭『これからはずーーーーっと一緒だよ♡』


蘭『春千代……ほら約束の印で首輪♡』


春千代『ぇ………首輪?』


蘭『そう!首輪♡』


蘭『絶対春千代に似合うと思って買ったんだよね〜w♡』


蘭『ほら♡つ〜けて♡』


春千代『ぇ…………あ』


蘭『?』


蘭『あ!付け方わからないの?!』


蘭『じゃあ俺が付けてあげる♡』


蘭『よ〜いしょっ♡』


春千代(♡♡♡♡♡♡♡♡)


春千代(俺達のためにここまでする蘭好き♡大好き♡)


春千代(ふふっw蘭との約束の印♡蘭……絶対俺の事……離さないでね♡)


春千代『蘭♡愛してる♡』


蘭『俺も♡』


蘭(これからも愛という名の鎖でずっと縛っておくからさ………もっと俺に"堕ちてよ"♡)




蘭『もうず〜っと離さないから♡』


蘭『俺だけの春千代♡』




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





どうでしたでしょうか!自分的には納得いく形にはなりました。あと、リクエストがあれば喜びます。

それと、楽しんで頂けたのなら嬉しいです。それではご覧頂きありがとうございました。



次の話

第5話

ノベル

5

第5話

2022年06月05日

200

コメント

3

あぁ♡♡いいですね✨️こっちの方が好きです♡♡
この後どうなったのか?気になるんだが!
これは神作!
寿司信者🍬

寿司信者🍬

プロフィール

前後に投稿された作品

うざさ×3

GONZOxTellerNovel