TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

タイトル、作家名、タグで検索

テラーノベル(Teller Novel)
シェアするシェアする
報告する

「お待ちくださいませ!」

その声に皆が一斉にヴィオラへと目を向けた。

(あのかたは、確か……リオ公爵家のヴィオラ嬢?)

疲れた様子のアンジェリカにヴィオラは不敵な笑みを浮かべた。

(傷口には、もっと塩を塗り込んで差し上げないとね)


アンジェリカが皇帝にお茶会の打診をした数日後の夜。
皇子宮の大きなベッドで横たわるフレデリクの隣に、ヴィオラがいた。

ヴィオラが脚をフレデリクに絡め、シーツを引き寄せる。彼女の長い髪は乱れ、湖底に生えた草のようにベッドの上で広がっていた。

磨き上げられた素肌を隠そうともしないヴィオラに、フレデリクはちらりと視線を泳がせると、ふうと大きなため息をついて憂鬱そうに髪をかき上げた。

「退屈ですか?」

ヴィオラがフレデリクに身を寄せる。

「わたくしが側にいるのに……」

彼女の白*******

***********

*****************

*************************

*************************

*****************************

***********************

****************************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

loading

この作品はいかがでしたか?

19

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
;