TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

タイトル、作家名、タグで検索

テラーノベル(Teller Novel)
シェアするシェアする
報告する

――ウォルトがアンジェリカとジークハルトの様子を見守っている時。
離れた場所から同じように二人を見ている親衛隊兵がいた。

淡い茶色の前髪の隙間から、同じくらい淡い青の瞳が覗く。
二人を見る男の視線は、氷のように冷たかった。

(あれが今度のターゲットか……)

男の名は、ギイといった。


――親衛隊の発足前、選出大会が開かれるという発表があって間もない頃。
ギイは暗い部屋にいた。

「おまえは第三皇女殿下の親衛隊に入隊し、しばらくは目立たないようにしていなさい」

ギイはもの言いたげに眉をひそめた。
夜目はきく方だが、こう暗くては自分に命じる宰相の顔もあまりハッキリとしない。
――好んで見たい顔でもなかったが。

「あのかたがおっしゃるには、当分は様子を見ると」

宰相はギイの様子を知***************************

***********************

*****************************

***************************

***********************

************

*************

*************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

loading

この作品はいかがでしたか?

67

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
;