Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
木ノ下楓手

木ノ下楓手

41

ストーリー

45

フォロワー

27

フォロー中

学生が主役の重みのある話やローファンタジーな話などを書いています。
衝動クオリティです。

いいねマーク嬉しいです🤭
いつもありがとうございます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
使わせて頂いているイラスト・写真
・ノーコピーライトガール
・写真AC、イラストAC
・PAKUTASO 様

シェアする
アプリで開く
脇役Aの葛藤

ノベル

脇役Aの葛藤

木ノ下楓手

2022年08月27日

461

#一次創作

これは、とある中学生の昔話。
嫌われポジションに立っていたらしいことを自覚した少女A。それはまるで脇役のよう...

「笑顔をみせて...」
"誰か"は私に寄り添い続けた

[16話完結]僕は君を愛してる

ノベル

この愛の形は、誰にも伝わらない。
「僕は君を...愛してるんだと思う」
「そうか、私はお前が大嫌いだ。」
いつか消えるその日まで

怪奇譚

連載

怪奇譚

木ノ下楓手

2022年07月09日

653

いろんな奇妙なお話集

[8話完結]あの子は誰にでも優しくてとてもいい子でした。

ノベル

私は人を殺めたらしい
でもどうでもよかった
私は私になれた気がしたから
言葉に呪われた神代楓果と謎の転校生伊藤空
2人にかけられた呪いとは一体…

月夜に迷う

ノベル

月夜に迷う

木ノ下楓手

2022年05月07日

111

五月病かな...。
憂鬱に呑まれる少女はある世界に迷い込む。

海の底に沈む  (読切)

ノベル

海辺である少女に会いました。
学校は違えど年は同じぐらい。
不思議な子でした。何せ躊躇いなく海に向かうものですから...私は慌てて彼女を止めました。
すると「私は人魚だから大丈夫だよ」と彼女は言ったのです。

"あの子は誰にでも優しくてとてもいい子でした"
とお話が繋がっております。

ヲズワルド  (読切)

ノベル

"脇役Aの葛藤"に後に出てくる主人公を支える奇妙なウサギ?(ヲズワルド)目線の御話です。

首切り巨人はハサミを掴む(短編)

あれは"神"だと誰かは言う。
"ある種"の願いを叶えてくれるもの...
噂を聞きつけた少女は"神"のもとへ行った