テラーノベル(Teller Novel)

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー
スイ星

スイ星

134

ストーリー

スイ星です!
誕生日は12/28🎂(祝ってくれると嬉しい♡)

・好きなアニメ
 文豪ストレイドッグス

・趣味
 二次創作
 イラスト!

気軽に話しかけてね〜(*´ω`*)


──関係者────────────
妹  Runa໒꒱ ꒱*゜
友達 ゆりり💙×🤍=💘
親友 明琉兎
相棒 yuzu꒱@1ヶ月活動休止
後輩 雲☁

皆大好きだよ!
─────────────────

シェアする
アプリで開く
新旧双黒の百物語

ノベル

完結

新旧双黒の百物語

スイ星

2024年01月09日

599

#文豪ストレイドッグス

其の日、俺達は──────百物語をした。



太宰の暇潰しと好奇心から始まった百物語。

其れに巻き込まれる元相棒・中原中也。後輩の中島敦、芥川龍之介。

百物語がもたらした予想外の結末とは────?



※百物語もこっくりさんも危険なのでしないでください。て云うかやっても自己責任でお願いします。

妖狐の私と生贄の君

ノベル

──────ほんの数年。

短い間に起こった其の物語は、後世に語り継がれる事は無い。

然し其れは、確かに存在したモノだ。

この村の守り神として存在し、何百年も長くこの特別な山に棲んでいた一匹の妖狐。

そして其の妖狐の生贄として捧げられた村の少年。

儚く、けれども苛烈で、それでいてとても美しい。

そんな二人の淡い記憶は、誰も知らない。









『手前は俺を見ていながら、俺の面影に見える誰かを見ている』

主のデジタルイラスト成長記録

ゴミ絵から神絵にたどり着ける日は来るのか!?
────────一寸したイラスト部屋です♪

受験勉強合間の雑談部屋

受験勉強の合間にする雑談部屋だよ☆
見てってくれるの嬉しぃ〜なぁ〜。

太宰さんが幼児化した件

ノベル

完結

皆、大変!太宰さんが幼児化してしまった!

ほんわか物語と思いきや……!?



これは、ちっさくなった太宰さんと、双黒(大)の方になれた中也の

尊みシリアス物語。

降誕祭は私の想いを募らせる。

ノベル

完結

綺麗な鐘が鳴り響いた。

それは、降誕祭────クリスマスの訪れを告げているかのようで。

こんな日になると、如何しても君に会いたくなって。

如何したら、この想いを伝えられる……?




私は、君に出会ってから


ずっと君が──────────。

春日狂想

ノベル

読切

春日狂想

スイ星

2023年12月02日

150

愛するものが死んだ時には─────。




君には似合わない筈なのに。

君は違うと何処かで思っていたのに。


────矢張り君は、中原中也だ。





世界の美しさは変わらない。

全く、詰まらないねぇ。



まことに人生、一瞬の夢、ゴム風船の美しさかな────か。

愛のハナタバを君に───愛を形へハーバリウム

ノベル

読切

太宰治がポートマフィアを抜けてから一年後──────。

或る日、家の扉の前に泡盛草と手紙が置いてあった。
宛先人はなんと中也の元相棒、太宰治から。

その日から中也が家に帰る毎に花がおかれていて───?


花に秘められた太宰の気持ちと。

其れに気付かず形に残そうとした中也。


愛の花束とハーバリウムの結末は?






太宰さんと中也が付き合う迄の、小さな物語。

__太宰治の『居場所』

ノベル

完結

これは、太宰治がポートマフィアに戻るお話。
彼は人を救う事はできなくなった。
そして再び探し始める。生きる理由を。

彼は……自分が生きれる理由を。居場所を得る事ができるのだろうか?


これは太宰が、生きる理由と居場所を探す物語であり。
彼の居場所を作ろうとする者達の、葛藤を描いた物語でもある。

────人間、失格。

ノベル

完結

寂しい。

苦しい。

痛い。

辛い。



そう思う度に、鋭く痛々しい音が響く。



何時になっても、

オレは───僕は───私は、人間失格なんだ。





これは、そんな人間失格な私と

誰よりも人間らしい心をもつ君の



“幸せの延長線”と、“破滅”の物語。

リクエスト&質問箱

リクエストや質問、ご要望など募集します!
沢山コメントしてね!

最期の“イヤガラセ”

ノベル

完結

嫌がらせ。

そうしたら君は何時も怒ってくるよね。

本当に犬みたいに吠えてくる。

でも私……犬は嫌いなんだよねぇ。

だから、最期くらいはとっておきのイヤガラセをしてあげる。

その時君はどんな顔するのかなぁ…?





まだ私は知らなかった。

或る一つのミスをするまでは。

妖精さんの声。

ノベル

完結

妖精さんの声。

スイ星

2023年09月19日

1,011

今日の朝、僕の隣の席に何時もだらけながら座っているあの人の姿がなかった。

何時もは此処まで遅くないのに____。


***

今日は風が強いけれど、天気が佳かった。

その所為か、妖精さんの声が聞こえた。

貴方が私を殺して__。Ⅱ(連載休止中)

貴方が私を殺して__。第二期!ハラハラドキドキの展開が満載です!

貴方が私を殺して__。

昼の世界と、夜の世界
その間を取り仕切る薄暮の武装集団
名を__武装探偵社と云う
その社員の太宰治は、同じく自殺愛好家の少女、翠と出会う
そして彼女の異能力は___

一冊の小説

ノベル

完結

一冊の小説

スイ星

2023年04月29日

1,588

「あと4・5年もすれば、私を殺して首領の椅子に
 座っているだろうね」
此の言葉は、ポートマフィア首領__森鴎外が
発した言葉である。
もし此の言葉が本当になったら、“彼”はどうするのだろうか?


    これはその瞬間を描いた物語____
   
       一冊の小説である。
                 (冒頭)

短編小説ですけど、楽しんで見てください!

誤って文ストの世界に来てしまった花寧々
完結

誤って文ストの世界に迷い込んでしまった寧々と花子くん。元の世界に戻る方法を探すが、花子くんの様子がおかしくて…!?