Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「豹変」のメインビジュアル

豹変

4

2022年08月13日

どことなく退廃的で物憂げな世界を旅する少女。
それは単に後始末のためか、あるいは自浄作用か。

#アクション#バトル#伝奇#ファンタジー#文学とラノベの中間くらい
D_D本舗

D_D本舗

真円に近い孔の周囲では、今しがた飛び火したと見られる火床(ほど)の残火が、なおもチラチラと燻っていた。

これをひとまず叩(はた)いて消し去り、ともかく現状の把握につとめる。

女性の佇まいに変化は見られず。 その様子はまるで、冷たい雨の中で待ちぼうけを食らったように所在ない。

得物も同じく、持ち主に倣(なら)って突っ立ったまま。 ただ、こちらはかの面妖な秘術の例に漏れず、先よりもいささか寸法が嵩(かさ)んでいるようだった。

辺りには、これといって変わったところは見受けられない。

相変わらず恐ろしい寒気が居座っており、グラウンド一面に霜露(そうろ)の白花を満開にあしらっていた。

「てめえ、いま何しやがった?」

思い余って投じると、先方はお決まりの仕草で上品に笑った。

見事に神経を逆撫でされた虎石だが、なけなしの冷静な眼は、彼女の口元に添えられた手指に、かすかな霜焼けが生じているのを見逃さなかった。

この冷気、どうやら本人もノーダメという訳じゃないらしい。

そこに勝機があるか。

「もう降参?」

「なんだと?」

「種明かしをご所望では?」

小首を傾げる仕草に伴い、透けるような銀髪が微かに波打った。

「いいや……。 教えを乞うのは嫌いなんだよ」

魅入られたつもりはないが、どうにも調子が狂う。

相手が同業だからか? いや、そんな単純な話じゃねえな……。

「どうしました? お顔が真っ赤ですよ?」

「オメーも鼻ぁ真っ赤だぜ?」

御遣とは、言わば地の尖兵だ。 天に与(くみ)せず、天のやりように怒り、天の有りようを呪う。

切先を向ける先は決まってる。

ところがコイツはどうだ? 真上に振りかざすべきそれを、てめえの喉元に突きつけている気がしてならない。

自殺願望……、違うな。 そこまで歴(れっき)としたものじゃなく、もっと曖昧で、もっと禍々しい何か──。

「そんなに見つめられると、身の危険を感じてしまいます」

「興味本位だよ。 それにな? こちとら女の趣味はいい方なんだ」

あのイカレポンチを参考に剽(ひょう)げてみるが、どうもしっくりと来ない。

人には分に適した相応の振る舞いがあって、これを弁(わきま)えず事をなすのはそれなりに度量がいる。

いや、今となっては下らない考えだ。 これもひとつの職業病か。

「オメー、他所の大会でも派手にやったって話だが、どうなんだよ実際」

「はぁ……、どうとは?」

「手前(てめえ)より弱え奴ら相手にして、面白かったかよ?」

なるべく話を引き伸ばせ。

奴の手はいよいよ赤みが際立ち始めてる。 悴(かじか)んだ手でどこまで得物を取りまわせるか。

それはこっちも同じだが、打ち直しの余熱が幸いにもまだ薄っすらと柄に残ってる。

さっきみたいな、ワケの分からん一撃に気をつけてさえいれば

「おもしろいわけがないでしょう?」

「あ?」

「よわいものいじめ、おもしろいわけがないですよ」

女性の雰囲気が変わった。

上品ながらも人を食ったような態度は変わらず。 しかし満面に張りついた笑みが、先頃よりも随分と凄惨なものに様変わりしていた。

たとえば罪悪感に苛まれながらも、快楽に負けて次々と罪をかさねる外道がいる。

先方の雰囲気は、それとはまったく似て非なるものだった。

ちょうど、小さな子どもが罪の意識を得ず、嬉々として昆虫の翅を次々とむしるような。

「ヤベ……」

つたない手段で籠絡するつもりが、どうやら期せずして地雷を踏んだらしい。

こちとら口下手なのは仕様がないが、女の扱いってヤツは本当に……。

「あなたはどうですか?」

「あ……?」

「簡単に壊れるようなこと、ありませんよね?」

言うが早いか、手指を軋ませて柄(つか)を取った女性は、滑るように躍進し、虎石の鼻先を脅かした。

しかし、この攻め手はあまりにも無鉄砲すぎる。

「バカかてめえは!!!」

ここぞとばかりに渾身(こんしん)の勢威をこめ、鉞を振り下ろす。

「あ……っ?」

直撃を被(こうむ)る間際、卒然と我にかえった彼女は、いたく冷静だった。

安易に身を引かず、さらに踏み込んで、死地の直中(ただなか)に活路を見出(みい)だした。

鉞を操る虎石の両腕、その狭間にわが身をねじ込むや、図らずも喫驚にゆるむ下顎を狙って頭突きを見舞ったのだ。

「んぐぅ……っ!?」

「ぅあぁ……!」

互いに悶絶した両名は、なかばもつれ合うようにして転がった挙げ句、互いに突き放す形で間合いをとった。

「……ちっ、くそ!」

「痛ったぁ……」

「らしくねえな……」

「はぁ……? はい?」

「せっかくの長物、ぜんぜん活かせてねえじゃねぇかよ」

口内を傷つけたか、噛み合わせに違和感がある。

まともに痛手を被った顎先に指を這わせて確認すると、何やら細かな霜のようなものが見て取れた。

のみならず、両腕の内側にうすく氷が張っていた。 先ほどまさに彼女の身柄が触れた箇所だ。

元々の冷気に巫覡(ふげき)の霊威が加算されて、いよいよ寒冷の権化と化しつつある。

底抜けの青空から、今にも小雪がちらほらと舞い出しそうな具合だった。

「………………」

一方の女性は、先ごろ長槍に打ち直した得物を支えに、華奢な体躯をよろよろと取り留めた。

額から一条の朱が伝っていたが、当面の冷気のせいで痛みを感じる余地はない。

途端に愉快な気分になって、喉の奥がコロコロと鳴った。

こんなに楽しいのは久しぶりだ。

そうした思いに突き動かされるように、すっかりと悴んだ手足が、しきりに氷晶を剥離させながら立ち働いた。

こんなに楽しいのなら、もう砕けても構わない。

次の話

氷凝

ノベル

62

氷凝

2022年08月15日

D_D本舗

D_D本舗

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話

GONZOxTellerNovel