TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

タイトル、作家名、タグで検索

テラーノベル(Teller Novel)
シェアするシェアする
報告する

「それでは海春お嬢さま、なにもご心配なさらず、ゆっくりとお休みくださいませね」

「う、うん……。おやすみなさい、シャルロット」

おやすみなさいませ、とシャルロットはドレスをつまんでお辞儀をして、静かに扉をしめて去っていく。

レインとの食事を終えて自室に戻ってきたわたしは、白大理石で造られたこれまたあっけにとられるほど広く豪華な浴室で湯浴ゆあみをさせてもらい、用意してもらった丈の長い寝間着に着替え、もう寝るだけという状態になって寝台のふちに腰かけていた。

寝台には、レインがそろえてくれたと思われる小花模様の羽毛ふとんに羽根枕、寒くないようにとの気遣いからかやわらかい羊毛の毛布がいくつか置かれていて、寝台の脇には淡い水色のガラス玉の乗った丈のある照明が用意されていた。

ガラス玉の中は蝋燭ろうそくを灯せるようになっていて、部屋の明かりをすべて消してこれだけをつけたら、青く美****************************

************************

**********

*******

**************

**********

************

*****************************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

loading

この作品はいかがでしたか?

11,398

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
;