TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
シェアするシェアする
報告する

好感度上げないと死ぬらしいです


『 』👉🏻夢主

GAME START ! !


ルール説明


▹▸全員の好感度をあげきらないといけません


▹▸-150に1人でも達するとプレイヤーは死にます


━━━━━━━━━━━━━━━


剣持「…おはようございます」-100


『…えーっとどなた、

デスカネ…』


取り敢えずゲームのルールは理解した!


えっと…名前わかんないしどうしよ☆


てか-100って低すぎワロタwwwww


『おはようござます。

名前聞いても宜しくてぇ?』


剣持「…剣持刀也です 。」


剣持「ご飯の用意は出来てますからお嬢様行ってください」


『ア、

はい…ありがとうございます…』


お嬢様!?

私が!?!?!?!?


じゃなくて朝ごはんね


剣持「…」+1 -99


なんで増えた!?なんで!?!?


『難しいな…』


葛葉「げっ…(顔逸」-80


おぉっと~??コイツ顔逸らしたよな?


げっ…とか言いやがってこっちのセリフなんだよ無駄に攻略する人多いし…


『げっじゃねぇよ…こっちのセリフだし(溜息』


葛葉「…は?」


『え?』


『あっスゥー…何も言ってないんで食べます朝食作ってくれてありがとうございます』


そういうと白髪の彼は驚いたように目を見開いたあと


葛葉「…どぞ」+3 -77


と言ってくれた


てか+3て、

上がりすぎだろ


あ、

出てっちゃった、


葛葉「なんだよあれ…どうせいつもの演技だよな、

人が変わったみてぇだけど」


『…ふ~美味しかった…ご馳走様でした。』


叶「お嬢様、

食べ終わりましたか!」-65


コイツもかよ…泣


こんなニコニコしてやがるのに…泣


『はい…泣 美味しかったです…ご馳走様でした…泣』


叶「なんで泣いて!?…えぇ(溜息」


ハイため息~こいつ面倒くさがるなや‪💢‪


一応お前らの主だろうが‪💢‪


てかこの様子だと私がめっちゃ意地悪暴虐我儘お嬢様だったんだな…


叶「…ハンカチどうぞ」


『ごめん…ありがとね』


そういう風に言って受け取るとまたまた彼も驚いたように顔を上げる


叶「どうしたしまして!」+5 -60


と言って笑顔で笑った 嘘偽りない笑顔だった


叶「じゃあ行きましょう!」


なんで…????


え、

なにが良かったん?


叶「ここからはローレンになりますので…」


叶「お気をつけて行ってらっしゃい」


『ありがと~!君優しいね!あ、

名前聞いてもいいかな?』


叶「忘れちゃったんですか?叶ですよ!」


叶「そうだ!帰ってきたら話があるんで僕の部屋まで来てくださいね~!👋」


『わかったぁ!』

ロレ「早く乗ってください」-10


『えっ!?嘘え!?たっか!?!?』


ロレ「w何言ってんすか?w」


『ローソン!!君良い奴だなぁ!』


ロレ「いやローレンな?w」+2 -8


『ほんとに君を雇ってよかった…大好き…泣』


ロレ「いや泣かんで泣かんでwてかノリよくなったな~w」


『うん!だって中の人違うし!』


ロレ「…は?」


『ッスゥー…何か言った?ローレソ?』


ロレ「だからローレンな?w」+10 +2


ロレ「てか中の人違うって…」


ロレ「…まぁ確かに全然違うし」


『待ってローレン君!+になった!!!』


『愛してるんだが』


ロレ「っおぉ?//」+5 +7

好感度上げないと死ぬらしいです

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

211

コメント

4件

ユーザー

こういう系大好きです!ありがとうございます!

ユーザー
チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚