ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「ツーマンセル 〜リクエスト〜」のメインビジュアル

ツーマンセル 〜リクエスト〜

100

2022年09月30日

色んな二次創作書きまくります()

#二次創作#短編集#二次創作 短編集
(`・ω・´)

(`・ω・´)


<ツーマンセル> 〜リクエスト〜









ワイは、最近とあることが気になっている。





それは…
























zmさんのフードについて。



















いやふと気になったんですよ




あの人全くフード取らないじゃないすか




フードの中身どうなってるんやろって




フードって絶対見ずらいっすよね?




zmみたいに深々と被ってたらより見えないと思うんすよ




それで敵の喉元掻っ切ってるって




zmさんの目は多分フードにあります(?)




まぁrbrさんも気になるんすけどね()




rbrさんはまた後日に。



















ってことで















syp:フード取ってくださいzmさん☆




zm:絶対嫌や。






0.5秒で振られました☆






syp:なんでですか




zm:取りたくないからずっと被ってるんやろが…




syp:それもそうですね




zm:うんうん、分かればええんや!




syp:え、諦めてないですよ?




zm:ゑ?




syp:だからzmさん♡フード取ーって?




zm:嫌やああああああああぁぁぁ!!!!!!!




そう叫んで自慢の脚力で走っていくzmさん




syp:あ、ちょっとぉ!!




でもまぁ、





舐めないで貰いたい、俺も戦闘員だ。




syp:zmさぁん♡フード取ーって♡




直ぐにワイもzmさんのすぐ後ろに追いつく




zm:おっ前…!速いなおい‪💢








zmさんは余程焦っていたらしい。





簡単に行き止まりに追い詰めることが出来た。





syp:さぁ、お着替えの時間ですよ〜?




zm:キモイわ!?!?!?!?




zm:取りたくないんやからとるなよ!!!!




syp:取りたくないって言ってるから取りたいんすよ(*^^*)




zm:性格悪いなオイ!?!?!?!?





zm:人にも隠したい事実はあるやんか!





zm:例えばほら…実は最近までおねしょしとったとか…






zmさんがいまいちよく分からないことをほざきだした





……もういいや(?)





syp:えいっ、





zm:・・・・・・・・・はっ?







<ゴミ絵入ります>











画像









健康的なペールオレンジの肌




ぷっくりとした桃色の唇




キリッとした眉毛




なによりも先に目に飛び込んできたのは








ツリ目がちな










エメラルドグリーンの瞳












開いた口が塞がらなかった。






syp:・・・・・・・・・・・・。






場の状況を理解したzmさんは










直ぐに目を閉じた






syp:え、綺麗なのに。




おもわず零れた




zm:・・・・・・・・・・・よくいわれる







syp:………なら、



















syp:どうして隠しているんです?














zm:……瞳は心の鏡




syp:え、?







zmさんはぽつりぽつりと話し始めた








zm-side





「俺は人の瞳をを見ると





相手が何を考えているのか、次何をしようとしているのか





手に取るように分かるんよ






この特技を活かして暗殺者としての腕を上げていった






でも気に食わないやつもおったんやろうな





嫌がらせされるようになってん





別にそれは特になんとも思わんかった





その時の軍の友達も守ってくれとったし





嫌がらせをしてる奴をとっ捕まえて総領の前に持っていったって言ってた





でも





ふと友達の瞳を覗いたら























俺への憎悪で溢れかえってた








今まで話してたのは全部嘘で





俺を陥れるための作戦でしか無かった





気付けばみんながみんな俺に憎悪、嫌悪を向けていた





総領までもが。







みんなみんな、醜い瞳をしてた。













それ以降俺はフードを深く被って







瞳を見ることも見せることもしなくなった。

















syp-side




zm:……これで満足か?








よくある話だ





人の才能に嫉妬し





手が届かないと知ったら陥れる





醜い人間の性だ







辛い人生を送ってきたのだろう





でも、




















そんなヤツらと同じだと思っているのか、俺らのことを














俺は気付かないうちにzmさんの肩を掴んでいて






syp:zmさん、俺の瞳を見てください






zm:え、






syp:ゆっくりでいいです、でも見てください






zm:わ、わかった…






zmさんはゆっくりと薄く目を開ける












<はいまたゴミ入ります>










画像














zm:……ッ!!!!





syp:ワイは、酷いこと考えてますか?





zmさんは首を横に小刻みに振る






syp:じゃあ、ワイは今何を考えていますか?







zm:・・・・・・・俺の事、考えとる




zm:でも酷いことやなくて、暖かくて、優しくて、それで…






syp:wrwrd軍の皆さんは






''ワイと全く同じことを考えてると思いますよ''






だから、1人で抱え込まないで









zmさんのこともっと知りたいんです








無理に瞳を見なくていいです








見れるようになったら見てください









みんな、










酷いことなんて思ってない










優しい、優しい人達だから











信じてください

















































syp:ね、?







zm:おん……!







zm:ありがとう、syp君!





syp:いえ、ワイも事情を知らないのに勝手にフード取ってすいません






zm:それはマジで許さない





syp:え、





zm:夕飯、一緒に食べよな(*^^*)





syp:しょ、食害しないならいいですよ☆





zm:安心せい!





zm:タダや☆





syp:そうじゃない!!!!!!!!































zmさん、














信じられるときでいいです













信じれるようになったら












また、綺麗な瞳見せてくださいね。















𝑒𝑛𝑑

次の話

〜先後輩組〜 <リクエスト>

ノベル

4

〜先後輩組〜 <リクエスト>

2022年10月08日

104

コメント

4

リクエストいいですか??私もそろそろ書くので()ドロドロで誰も幸せにならないshp君主人公サブknで行けます????お願いします!!!
次はロボロか~推しだ
リクエストいいですか?
(`・ω・´)

(`・ω・´)

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話自己紹介