テラーノベル(Teller Novel)

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー
第2回テノコン開催中
「20 鬼」のメインビジュアル
零番線特急

20 鬼

20

107

2022年01月20日

#ホラー#グロテスク#ダーク

 ゆうまは彼の鬼を待っている。

 俺達の先に鬼が一体通過して行ったが、それは彼の待つ鬼ではなかった。

 ケイはゆうまの両手をあやすように揺らしながら、さらに質問を続けた。

「鬼って? 僕はかくれんぼの鬼しか知らないから、教えてほしいな」

「鬼はね。女の人だよ。ぼく達はみんな一生懸命だったのに、突然ここに放り出して行った女の人。わらいながら僕達を捨てた人。泣いて抱きしめてくれることもあるらしいけど、そういうのはここには来ない」

支離滅裂(しりめつれつ)な話し方に、俺はちょっとだけ首をかしげた。

 言いたいことはわかる気もする。笑いながら彼らを捨てた女が鬼。ネグレクトだろうか。その結果命を落としたのがこの少年なのだろうか。

 この少年はこの場所で彼を笑いながら捨てた鬼を待っていると言う。

 この産婦人科で。

 そう、ここは産婦人科だ。

 だとすれば、この子はネグレクトで*******

**********

****************************

************

****************

************************

***********

***********************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • check

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • check

    VIP限定ストーリーが読める

  • check

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

零番線特急

作品ページ作品ページ
次の話を読む

コメント

1

前後に投稿された作品

愚痴。見ない方がいい