TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
少年死刑囚69

一覧ページ

「少年死刑囚69」のメインビジュアル

少年死刑囚69

37 - 【第37話】少年銀行強盗⑪ 17歳のマグ・ショット

♥

104

2022年05月21日

シェアするシェアする
報告する

某月某日、東京――快晴。

渋谷にある都市銀行前に停められた、

黒のSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)。

その助手席の窓の向こうには、

本来は防寒保温目的で着用するフェイスマスクを握り締め、

銀行襲撃に備える累の姿があった。

(ついに本番か…)

「準備はいいか?熊孩子(シォンハイズゥ)」

「…もちろん、バッチリだ」

ハンドルにもたれかかる燕姿(イェンツー)が尋ねると、

累は羽織っていたグレーのジャケットを両手で広げた。

そこには、特製のホルスターに装着された手製の爆弾が、

自分の出番を今か今かと待ち構えるようにズラリと顔を並べていた。

「んじゃ、計画のおさらいだ。もちろん、頭に入ってるよな?」

「ああ、この銀行の人員は…警備員2人に行員は31人。

内、男が15人で女が16人いるけど…。

まず、狙うのは…警備員じゃなくて行員全員だ」

「その理由は?」***********************

************

******************

****************

********

**********

****************

*******************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

loading

この作品はいかがでしたか?

104

loading
チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚