テラーノベル(Teller Novel)

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー
第2回テノコン開催中
「第3話「初めての力」」のメインビジュアル
初めての共同作業は王子を操る黒幕でした?

第3話「初めての力」

3

11,258

2021年10月05日

#ファンタジー#異世界転生#異能力

第3話 初めての力

持田理世、ごく普通の大学生。

――だったはずが、いきなり見ず知らずの場所に飛ばされたと思ったら。

「――僕に、君の力を貸してほしい」

などと、見ず知らずのキレイな顔と髪の青年に真剣に頼まれた。

(……え、っと……どういうこと?)

そう思うだけで、何も言えない理世。

反応がない理世を少しの間見守った後、青年は続けて口を開いた。

「僕は、ジェイド。この「マギラクル王国」の第三王子」

「……お、おうじ……!?」

(いきなり知らないところに来たと思ったら、王子って……今流行りの小説とかマンガみたいなんですけど!?)

理世の趣味は、読書であった。

「それで、り……いや、君の名前は?」

一度咳払いすると、青年――ジェイドはそう尋ねた。

「も、持田理世、だけど……」

「理世……今の君には特別な力がある」

(唐突! ほんとにマンガみたい!)

現状に適応しつつある理世は、「読んだことのある物語」に似た状況にテンションが上がっていた。

「本来、僕たちマギラクル王族にしか宿らない力が、君には宿っているんだ」

「……ん?」

続くジェイドの言葉を聞いて、理世は突然冷静さを取り戻した。

「その力を、僕に貸して――」

「――なんか、おかしくない?」

ふと覚えてしまった違和感が、理世の口を開かせた。

(何がどうって言われると困るけど……でもなんか、この人の説明の順番は……変だ)

「……おかしい、というのは?」

ジェイドに先を促される。

理世は自分でも理解しきれていない違和感に、一番近い疑問を口にした。

「……なんで私に、この国の王様になれる力があるってわかるの?」

その言葉に、ジェイドが苦笑する。

「……本来、僕が継承するはずの力だったからね。それが、手違いで君の身体に宿ってしまったんだ」

「それは、答えになってないような……」

「でも、君がその力を持っているのは事実だよ」

目の前にいるジェイドの目は真剣で、とても冗談を言っているようには見えない。

「そんなこと、言われても……」

「僕の言う通りにしてみて」

「え」

「まず目を閉じて、周りに向く意識を少しでも遮断するんだ」

渋々、理世は目を閉じる。

「それから、自分の内側に意識を集中させる」

「じ、自分の内側って言われても……」

「答えなくていいから、集中して」

ぴしゃりと言われ、今度こそ理世は口を閉じた。

(……内側に集中する……考え事する感じ? なら今まで何度もやってきたけど……)

などと思っていたが、だんだん内心での言葉が静かになっていく。

そして代わりに――理世が今までに感じたことのないものを、感じた。

無理矢理何かに例えるなら、「熱」だ。

あたたかいというには強い熱量を持った「何か」が、理世の内側に確かに存在する。

その「熱」に気づいた理世は、意識をそこに集中させる。

すると、その「熱」は身体を巡り――左目辺りに集まっていることに気づいた。

(熱くは、ない……ね?)

そんなことを思った瞬間、理世はゆっくり目を開けた。

「……」

目の前には、石畳の冷たい場所に一人たたずみ、理世のことをじっと見守るジェイドの姿がある。

「……え?」

だが理世の左目は、別の場所が見えていた。

青空に白い雲が流れ、背の高い木々が立ち並ぶ森。

その開けた場所に、今理世たちがいる石造りの壁や天井と同じ材質の建物が見えた。

(これ……もしかして、この建物の外の様子?)

「僕やこの場所以外のところが……見えたんじゃない?」

「!」

「それが、君に宿った力――〈時空魔法〉の一つだよ」

「じくう、まほう……」

「今君の左目には、君の魔力で作られた〈片眼鏡(モノクル)〉がある」

「い、言われてみると……丸いフチができてるような……」

「その魔法は、その場にいなくても色々な場所を見通すことができるものだね」

「〈時空魔法〉の一つ……ってことは、他にもあるの?」

「そうだよ。いずれ使えるようになる」

「そ、そう……」

「それでね、理世――改めて、お願いするよ」

ジェイドの声の調子が変わった。

そこに意識が引っ張られたからか、左目にフチを作っていた〈モノクル〉が消えた。

「――その力を僕が引き継いだことにするために、力を貸してほしい」

「……ん?」

ようやく「どう力を貸してほしいのか」が明らかになったが――理世の頭に疑問符が浮かぶ。

「さっき話したよね、その〈時空魔法〉は、本来僕たちマギラクル王族に宿るはずの力だって」

「う、うん」

「だから、王族にとってその魔法を使えることは重要なんだ――王位継承権を得られるほどにね」

「! あなたが引き継いだことにすれば……」

「そう、僕が次の王になれる」

「でも、私が使えることになると……」

「色々と、面倒なことになるね」

理世の言葉に返していくジェイドが、ふと困ったように笑う。

そんなジェイドを見て、理世は引っ掛かりを感じていた。

「……あの」

「なに?」

「なんでそんなに、冷静なの……?」

「冷静?」

「王位継承できる力を、関係ない私が持ってるなんて大問題過ぎるはずなのに……その割に、妙に受け入れ態勢だなーって」

ようするに、理世の警戒心が働いたのだった。

「……」

それがジェイドにも伝わったようで、穏やかな笑顔がふと陰った。

疑われたことに傷ついたような、だが単純に傷ついただけとも違うような――

(なんか……言えない何かがある顔……)

理世はそれを責める気にはなれなかった。

(この人も、言いたくても言えないこと……たくさんあるのかな)

理世自身にも、覚えがあった。

そんな共感にも似た思いを抱いていたが――

「僕が、なぜ冷静に君に協力を求めるか。それはね――」

次の瞬間、ジェイドから陰のある笑顔が消えた。

代わりに現れたのは――

「君は、僕に協力するしかないからだよ」

口の端を上げ、皮肉たっぷりの笑みだった。

誰がどう見ても、豹変したようにしか見えないジェイドだったが――

「……」

理世は何思ったのか、そんなジェイドをただじっと見つめていた。

次回へつづく

初めての共同作業は王子を操る黒幕でした?

作品ページ作品ページ
次の話を読む