Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー大人ロマンスノベル

30話*鬼の花火*②

30

7

2022年03月28日

作品ページ作品ページ
#青春恋愛#学園#胸キュン
凛仔

凛仔

公式

花火大会当日。

私と広子ちゃんは浴衣で行く事にした。

待ち合わせ時間の前に、広子ちゃんのお家で、広子ちゃんのおばあちゃんに一緒に着付けをしてもらってから会場へと向かう。

「今日 みんなでじゃなくて、鬼島と二人で行かなくて良かったの?」

「うん!せっかく永井君とか杉田君とも仲良くなれたんだし、みんなで遊べたらなって思ってたから……」

「ふーん……」

不自然じゃないよね?

広子ちゃんに勘付かれてしまわないか冷や冷やしながら、待ち合わせ場所へと到着した。

辺りを見回すと、私達が一番最初に到着だったみたいでまだ誰も来ていなかった。

「ちょっと早く着き過ぎちゃったね」

「ん?あれ、永井じゃない?」

広子ちゃんの視線の先を見ると、永井君がこちらに向かって歩いて来ているのが見えた。

あれ?誰か……女の子?が一緒?

「ねー……雄太ぁ。お兄ちゃんと猛以外にも雄太のクラスの。。。

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • check

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • check

    VIP限定ストーリーが読める

  • check

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

次の話

31話*鬼の花火*③

ノベル

31

31話*鬼の花火*③

2022年04月04日

11

凛仔

凛仔

公式
プロフィール

前後に投稿された作品

宮永へ

初日の夜5

チャット小説を探す

  • ホラー
  • ミステリー
  • 青春恋愛
  • ドラマ
  • ファンタジー
  • 大人ロマンス

Teller Novelについて

Teller Novel

ホラーから恋愛まで!
日本最大級のチャット小説サイト
Teller Novel [ テラーノベル ]

スマホアプリでサクサク快適!

Apple StoreGoogle Play Store

© Teller Novel Inc.