TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
シェアするシェアする
報告する

「この恋は不可抗力」

名前とストーリーは関係ありません。名前に困っていたからこの名前しました!こういう韓ドラがって面白いんですよ~あ、では!


🐣「ん、ッ飲みすぎた…頭痛い、っ」

僕は眠気をそらす為に1階に降りた。

🐣「薬…薬、」

👨🐤「ただいまぁ~ㅋㅋ」

🐣「あ。おかえり」

🐹「社長飲み過ぎですよ。ㅋㅋ」

🐣「…?」

🐤👨「ちょっと寝るわㅋㅋおやすみぃ♡」

🐣「あ…わざわざすみません…」

🐹「えぇ、全然大丈夫です!」

🐣「父さん…ここで寝るなよ…」

🐹「お風呂ちょっと借りていいかな?」

🐣「あ…はい、どうぞ」


🐣「父さん…起きてよ、っ」

🐤👨「ん~、ジミンどうした?」

🐣「こんなところで寝たらダメだよ、風邪引くよ、」

🐤👨「あぁ、ありがとう部屋に戻って横になるよ」

🐣「うん、」

🐹「あ、ありがとうお風呂~」

🐹「これ…お礼にどうぞ」

🐣「え、ありがとうございます…」

🐹「いえいえ。俺はこれで」

🐣「はい…ありがとうございました」


あの人が来てから数日経った。

🐣「遅くなっちゃった…父さんご飯待ってるかな…」

おぢ「ねぇ、そこの兄ちゃん」

🐣「はい、?」

おぢ「君のさ、お父さん俺達に借金してるんだよね??」

🐣「ッ、父さんが、?」

おぢ「だから払ってもらわないと困るんだよ」

🐣「知りませんよッ、そんな事、」

おぢ「”あぁ?!」

🐣「ビクッ!」


僕は怖くなって抵抗をしようとした。

??「辞めてあげたら?てか返してもらえると思って金貸してるなら辞めたら?あげた感じの方がいいよㅋㅋ」

🐣「ッ、、?!」

おぢ「”なんだお前!!やんのか?!」

🐹「警察…通報しようかな~」

おぢ「チッ、覚悟しとけよ?!」


🐹「大丈夫、?家まで送ろうか…?」

🐣「だ、大丈夫です…震」

🐹「いや、遠慮しなくていいよ、ほら行こ、」


🐣「ふぅ…ありがとうございます…」

🐹「あぁ、気をつけてね」

🐣「はい、っ」

🐤👨「じみん飯まだか?」

🐣「ごめん、今日時間なくて…パン買ってきたからパン食べて、」

🐤👨「おう


2日後

🐣「父さん…また潰れて、」

🐣「これ以上迷惑かけるの辞めて、」

🐹「大丈夫大丈夫」

🐹「社長の部屋ってどこ?」

🐣「あぁ、あっちの部屋です。」

🐹「ん、ありがと」


山盛りの食器を洗っていると父さんの部屋から聞こえる変な声。僕はその時きづいてしまった。

「もしかして…ヤッてる…?」

NEXT

新しい奴!

そういやバンタン好き腐女子様からリクエスト来てたからそれも書かないとㅎ_ㅎ推しと推しがいる!!楽しみだ~描くの

loading

この作品はいかがでしたか?

222

loading
チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚