TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
シェアするシェアする
報告する

マリーが陰でわたしの悪口を言っているなんて信じられなかった。


だって、亜紀の脚本ではマリーは明るくて前向きで、そんな子じゃなかったはず。


けど、マリーは『乗馬が得意』なんてこと、知らなかった。わたしが知らないマリーの顔があるのは確かだ。


わたしは悲しかった。


いや、ちょっと待って。悲しいってことは……。わたし、マリーに嫌われたくないって思ってる?


だって、嫌われてもいい相手なら、腹が立つぐらいで悲しいなんて思うわけないはずだもの。


わたしはドレスの胸元を強く押さえた。ドレスの下には猫型のロケットペンダントがあるから。


このペンダントは亜紀とおそろい。ふたを開ければ、そこには亜紀の笑顔の写真が入っている。


亜紀が亡くなってからは、形見だと思って肌身離さず、いつも一緒。お守りのようなもので、緊張した******************

************************

*****************************

********

*********

**************

***********************

***************

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

悪役令嬢なのに、 モテてモテて困っています

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

10

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚