TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
シェアするシェアする
報告する

(ここに王太后様がいる……)

城内にはいくつか応接の間があり、そのうちの一部屋の前に、私とユージーン王はやってきた。

この扉の向こうで、王太后様がどんな表情で私たちを待っているのかと考えたら、ひとりでに喉が上下する。

木製の扉に彫られた高貴な雰囲気の鳥に見つめられながら、カチンコチンに体を硬くしていると、斜め前のユージーン王が顔だけを振り向かせた。

薄い唇が動く。

「……大丈夫だ」

(ユージーン王……)

体の表面を凍らせている緊張を剥がすように、お腹を使って静かに深呼吸をした。

(うん、大丈夫)

指先がちゃんと動くのを確かめて、ユージーン王へ向けて首を縦に振る。

私の心の準備が整ったと理解してくれたユージーン王が、扉をノックする。

するとすぐに小さな音がして扉が開き、中からティルダより少し上、40代くらいに見える侍女が姿を現した。

洗練された丁寧なお辞儀で、私たちを**********

****************************

**************************

*******************

*****

**********

**********

*******

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

身代わりで嫁いだ冷酷国王は初恋相手でした

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

10,533

コメント

0

👏 最初のコメントを書いて作者に喜んでもらおう!

チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚