Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル

第8話

200

2022年01月16日

厄災と呼ばれた子と神々のお話

#原神#おりじなる
もも

もも

ラティ「あの…呼びましたか?」

鍾離「あぁ、こちらにおいで。」

鍾離に言われた通りにラティは、5人のそばに近寄った。

メーヴェ「ラティ、ここに座りなさい?」

ラティは、こくんと頷くとメーヴェの傍の椅子に座った。

胡桃「んで?話すの〜?」

鍾離「あぁ、話す。」

タル「え〜、大丈夫なのかい?」

魈「鍾離様なら、話す。」

ラティ「??」

鍾離「ラティ…話す事がある。」

ラティ「…は、はい。」

ーーーー鍾離は、それから全てを話したーーーー

ラティ「わ、私が…厄災の、子……?」

鍾離「いきなりで悪かった。」

タル「まぁ、無理もないだろうね。」

胡桃「まぁ、そうなるよねぇ…」

ラティ「えっと…そしたら、私は…周りの皆さんに害を与えてしまうのでしょうか……」

鍾離「いや、そういう訳では無い。ラティ…少しだけでいい、お前のいた国の事を話してはくれないか?」

ラティ「……私のいた国には…魔女がいました…」

厄災の魔女ディウェッターという存在、慈愛の女神アフェーナという存在。そして自分が慈愛の子であり厄災の子である事を。

胡桃「はぇ〜…ふたつの存在から愛されることってあるんだね。」

タル「鍾離先生は、知ってたの?」

鍾離「……例外だったな…」

メーヴェ「え!?し、知らなかったんですか!?」

鍾離「あまり、聞いた事がなくてな。」

ラティ「…私のいた国ではそれはあまり珍しい事ではありません。」

魈「……それは、お前の存在と関係するのか?」

ラティ「…………それは、私でもあまりよく分かりません。ただ」

『ふたつの存在から愛されるのは五千年に一度の子だけ』

魈「五千年に一度…だけ?」

ラティ「はい。ですが、私は異例だった。」

メーヴェ「異例?」

ラティ「私は、三千年…という年です。」

鍾離「さ、三千年??」

胡桃「ほぇぇ……」

ラティ「私のいた国、幸せの王国”ボナシオン”について」

次の話

第9話

ノベル

9

第9話

2022年01月19日

100

もも

もも

プロフィール

前後に投稿された作品

第1話

Episode4

GONZOxTellerNovel

チャット小説を探す

  • ホラー
  • ミステリー
  • 青春恋愛
  • ドラマ
  • ファンタジー
  • 大人ロマンス
Teller Novel

ホラーから恋愛まで!
日本最大級のチャット小説サイト
Teller Novel [ テラーノベル ]

スマホアプリでサクサク快適!

Apple StoreGoogle Play Store

© Teller Novel Inc.