テラーノベル(Teller Novel)

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー
第2回テノコン開催中
「第11話「理世に与えられしもの」」のメインビジュアル
初めての共同作業は王子を操る黒幕でした?

第11話「理世に与えられしもの」

11

4,780

2021年11月15日

#ファンタジー#異世界転生#異能力

第11話 理世に与えられしもの

「ジェイド殿下には、この箱の中を見通していただきます」

神官はそう告げた直後、覆っていた布を取り払うと、中身が丸見えなガラスの箱が現れた。

中にあるのは、中心から外れた位置にある、壊れた懐中時計。

(中身丸見えなのに、中身を見通せって……どういうこと?)

再び貴族たちが騒がしくなる中、迷っていた理世。

(壊れた内容を細かく見ろってこと? 短針長針、秒針も止まってて……)

「『――理世』」

迷う理世に、穏やかで優しいジェイドの声が降って来た。

「『難しく考えることはないよ。簡単なことだから』」

さらには自信に満ちた声に、自分の迷いが止まるのを理世は感じていた。

「『理世はただ、「与えられた力」をそのまま使えばいいんだよ』」

(ああ……そっか。そうだよね)

続くそんな言葉が、理世の理解を促した。

(迷うまでもないよね。ここに私がいる意**********************

****************************

*****************

**************************

***********

**************************

*************

******

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • check

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • check

    VIP限定ストーリーが読める

  • check

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

初めての共同作業は王子を操る黒幕でした?

作品ページ作品ページ
次の話を読む

前後に投稿された作品

相談🥲