TellerNovel

テラーノベル

アプリでサクサク楽しめる

テラーノベル(Teller Novel)

タイトル、作家名、タグで検索

ストーリーを書く

テラーノベルの小説コンテスト 第3回テノコン 2024年7月1日〜9月30日まで
誰にも会ってはいけない

一覧ページ

「誰にも会ってはいけない」のメインビジュアル

誰にも会ってはいけない

23 - 第2日 見知らぬ友人

♥

151

2022年02月11日

シェアするシェアする
報告する

この物語はフィクションです。

実在の人物、団体、事件等には一切関係ありません

 いつも通りの朝だった。

 僕はいつも通りに朝の支度をして、いつも通り午前中の授業に出席した。

 二限は規定時間を少しだけ超過して終了したため、今から急いで学食に行っても混雑に巻き込まれるだけだと、僕は半ばあきらめながら鞄の中に筆記用具やら何やらを放り込む。

 夢の中では静寂に包まれていたこの場所に、今は人の気配がある事が、不思議と僕の目元を緩ませる。

「わり。ちょっとオレ、用があるからさ」

 声の方を見れば、高梨が一緒にいたらしい友人らに手を振ってから、こちらへと歩いてくるのが見えた。

 その長身が僕の横で立ち止まる。

「用が、あるんじゃないの?」

 僕は、眉を寄せてしまいそうになるのをなんとか堪(こら)え、ちらりと高梨に目を向けた。

 何***********

*************

****************************

*******************

******************

**************************

********************

******

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • メリット

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • メリット

    VIP限定ストーリーが読める

  • メリット

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

誰にも会ってはいけない

作品ページ作品ページ
次の話を読む

この作品はいかがでしたか?

151

コメント

2

ユーザー
ユーザー
チャット小説はテラーノベルアプリをインストール
テラーノベルのスクリーンショット
テラーノベル

電車の中でも寝る前のベッドの中でもサクサク快適に。
もっと読みたい!がどんどんみつかる。
「読んで」「書いて」毎日が楽しくなる小説アプリをダウンロードしよう。

Apple StoreGoogle Play Store
本棚

ホーム

本棚

検索

ストーリーを書く
本棚

通知

本棚

本棚