Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジーノベル
「40.0 イ夢」のメインビジュアル

40.0 イ夢

200

2022年08月10日

キャラクター原作:東京卍リベンジャーズ
原作作者:和久井健様
※これは二次創作です。
 ご本家様には一切関係ありません。
 一部キャラクターを改変しております。
 あと、主がにわかなせいでキャラブレブレかもしれません。
 全部OKならご覧ください。
 また、この話は連載中の「片龍と遺言書」と関連があります。

#ホラー#ドラマ#東京リベンジャーズ#二次創作#関東卍會#武道闇堕ち…(?)
団長@krg_

団長@krg_






「んじゃ、世話になったな。」


マイキーはそう言うとバイクに乗ってエンジンをかけた。


「おー、死ぬなよ。」


半間くんはそう言って俺らに手を振った。


ちなみに、俺はまたマイキーの後ろに乗っている。


千冬は猛反対していたけど、俺がいいって言ったら「じゃあいいけど…。」と言って俯いた。


春千夜くんはどっちにしろ嫌そうだったけど。


「絶対騒ぎそう…。」


俺がそう言うと、マイキーも「確かに。」と返してくれた。


…着いたらなんて言おう。


まず、謝罪かな。


俺はそんなことを考えながら、少し笑った。




「はい、着いた。」


マイキーはそう言うとゆっくりとドアを開けた。


「あ、やっと来た。」


竜胆はそう言ってため息を吐いて、蘭くんは「遅すぎ~♡」とにこにこ笑いながらキレていた(おそらく)。


「おかえりなさい、総長。」


ココくんは律儀に頭を下げて言った。


「ん。あ、どら焼きある?」


マイキーはこんなときでもマイペースだ。


「たい焼きならこっちに。」


斑目くんはそう言って手招きした。


マイキーはたい焼きがある方へと行き、俺はとりあえず立っていた。


それに気づいた千冬とカクちゃんは、「こっちこいよ。」と俺を誘った。




「大変だったな。お前らも。」


カクちゃんにあの一連の出来事を話すと、そう返事を返してくれた。


「って、反応薄いな…。」


千冬は意外だったようで、そう呆れた声をして言った。


「ま、こんなもんでしょ。」


俺がそう言うと、二人は


「「こんなもんでしょじゃない!!!!!」」


と俺を叱った。


…俺の価値観がおかしいのか、それとも周りがおかしいのか。


俺にはわからないが、とりあえず「え~…。」とだけ返した。


「ってか、千冬。野良猫見にいくって言ってなかったっけ?」


俺がそう聞くと、「見に行ったけど逃げられた。」と千冬からふてくされた声で返事された。


「そういや、俺らがいない間、鶴蝶はなにしてたんだ?」


千冬がそう聞くと、カクちゃんはため息交じりに答えた。


「暴れ馬抑えてた。斑目とかココとか蘭とか他数名。」


「わーお、すごいハード…。」


頑張ってたんだね、カクちゃんも。


「とりあえず、帰ってきたからそれでいいかとは思ってるけどな。」


カクちゃんは少しだけ寂しそうな笑みをこぼして言った。


「…って、もうかなりの時間話したな。さ、俺は飯を作るか。」


カクちゃんは時計を見てそう言い、椅子から立ち上がった。


「カクちゃん!手伝う!」


「あ、俺も!」


千冬と俺もそう言って椅子から立った。


「タケミチ、お前は飯を消し炭にすんだろ?w」


「は!?しねーし!」


「絶対嘘だw相棒は飯を炭にしてくれることを祈ってるぜw」


「千冬まで!?」


…そんな下らない会話をしながら、俺らはキッチンへと向かった。




:ここから鶴蝶視点です:


…しばらく時間が経って、みんなは就寝したのだが…。


「今日は寝れねぇ。」


俺はなんかずっとベッドに入っておくのもなんかなぁ、と思い、少し外を散歩することにした。


みんなが寝ている部屋から静かに外へ出て、ベランダの方へ向かう。


「しっかし、外は暗いな…。今日は新月かよ。」


俺はそんなことを独りでつぶやきながらベランダの方へ出た。


そこには、静かに星を眺めるマイキーの姿があった。


俺が声をかけるのをためらっていると、マイキーの方が俺に気づき、「こっちに来いよ。」と言ってくれた。


「よく気づきましたね…。」


俺がそう言うと、「気づかねぇ方がおかしい。」とマイキーは答えた。


「…あのさ。鶴蝶。」


「何ですか。」


「…俺さ、あと14日で死ぬんだけどさ、俺、死ぬ前にタケミっちに「大好きだ」って伝えたいんだよ。で、どうすればその思いが伝わるかなって。」


…一気に情報量が来た。


まず、マイキーがあと14日で死ぬってことと、タケミチに大好きって伝えたいこと。


で、どうすれば思いが伝わるか。


…俺に言ってくるってことは直接言うのは恥ずかしいってことか?


…イザナだとどう返すかな…。


…イザナ…。


…あ。


「後悔しなければなんでもいいと、俺は思います。」


「…どうして?」


「俺は、親が交通事故で死んでから、施設に入って、イザナに救われました。確かに、周りから見ればただの主従関係ですけど、イザナの精一杯の愛情表現が偶然それだったってだけで、特に嫌と思ったこともなかったです。…けど、関東事変でイザナを失って、初めて後悔したんです、もっとイザナの愛情に応えてあげれば良かったって。…だから、俺は、俺のような最後をお互い辿ってほしくないと思います。」


俺は泣きそうになったのを頑張って堪えた。


いろいろめちゃくちゃではあったけど、これが伝われば何でもいいと思った。


マイキーは、少し間を置いて、俺に言ってくれた。



「まだ、兄貴(イザナ)の事、好きでいてくれるやつがいてよかった。」



「理由を聞いたのは、少し試しただけ。後悔しなければ、か…。」


マイキーはそう言うと、俺の方を向いて少し微笑んで言った。


「ありがと。じゃあ、思いついた案を試してみる。あと、お前は兄貴のことを好きなままでいてくれ。お前しか、兄貴を語れないから。」


マイキーはそう言って「じゃあ、先に戻るな。」とベランダを去った。


…誰もいない場所になったからか、抑えていた涙が一気にあふれ出した。


「…イザナ…。」


静かなその場所には、俺の泣き声だけが聴こえていた。










~第三部 休日編 完~










マイキー殺害まで あと 14日
















「おまえらは、絶対に殺してやる。」


「首をはねられる覚悟はできているんだろうな?」


「出会えて良かった。」


「もうこうするしかねぇんだよ!!!!!!!!!」





「君のその眼を、殺します。」







~次回より 最終部 終焉 開始 ――。~










次の話

37.5 焦り

ノベル

26

37.5 焦り

2022年08月18日

500

団長@krg_

団長@krg_

プロフィール

前後に投稿された作品

第4話

GONZOxTellerNovel