Teller Novel

ホームホラーミステリー青春恋愛ドラマファンタジー大人ロマンスノベル

第33話「フタをしていた記憶」

33

28

2022年04月24日

作品ページ作品ページ
#ドラマ#SF#動物
紙吹みつ葉

紙吹みつ葉

公式

第33話 フタをしていた記憶

いつの間にか、冬花と美春はタイミングが合えば、お昼休憩や夕飯を一緒に食べる仲になっていた。

(瀧本さん、話しやすくていい人だなぁ)

そんな日々を送るようになり、冬花は美春に印象を抱いた。

「――古河さん、どうかしたの?」

この日も会社を出る時間が揃い、夕食後のお茶をしているところだった。

「ううん、なんでもない」

「そう?」

「あ、瀧本さん顔にクリームついてる」

「え……どこどこ?」

「左側だよ……はい、どうぞ」

テーブルに備え付けの紙ナプキンを差し出す冬花。

「ありがとう」

困ったように笑って受け取り、口元を拭う美春。

「あ、それだと左に行きすぎ」

「……ここ?」

「あー、今度は右行き過ぎてる」

「うーん……今度こそ!」

「うん、取れたよ」

「よかったぁ」

やり遂げた、とばかりに嬉しそうに笑う美春につられて、冬花の。。。

続きはVIPプランで読みましょう

今なら7日間無料
  • check

    10,000以上のストーリーが読み放題

  • check

    VIP限定ストーリーが読める

  • check

    広告表示なし

いつでもキャンセル可能。

次の話

第34話「変化の連鎖」

ノベル

34

第34話「変化の連鎖」

2022年05月01日

40

紙吹みつ葉

紙吹みつ葉

公式
プロフィール

前後に投稿された作品

第2話 うちの日向 かわいいの女神ですわydカラスノ

チャット小説を探す

  • ホラー
  • ミステリー
  • 青春恋愛
  • ドラマ
  • ファンタジー
  • 大人ロマンス

Teller Novelについて

Teller Novel

ホラーから恋愛まで!
日本最大級のチャット小説サイト
Teller Novel [ テラーノベル ]

スマホアプリでサクサク快適!

Apple StoreGoogle Play Store

© Teller Novel Inc.